命をいただく

私は一ヶ月後、この牛を殺します。〜私がヴィーガンにならないと決めるまで〜 | ロカフレ
とても興味深く読み終えました。

ヴィーガンに限らず、何事も狂信的になったり、自分の心情を他者に押しつけちゃいかんと思います。
イヌやネコはかわいがるのに、なぜ牛や豚は食べるのですか、というtweetを見かけました。炎上してたかな。

基本的に、生き物は自分の種を保存し、増やすために生きています。ヒトもそうです。
愛玩動物として人類と共生する動物もいれば、喰われる前提で人類に種を残してもらう動物もいます。人は喰う対象が絶滅すると困るので、大切に育て、残します。
植物もそうです。稲や小麦は人に育ててもらい、喰われることで種を残しています。
逆に、喰われずにただ害があるとして殺される種は、生き延びるために必死です。雑草とかゴキブリとか。

さて、生命力が弱い種は大量に卵を産み、生存率を高めようとします。
ヒトは生命力が強いですけど、高度文明社会では育てるために経済力が必要です。理想はすべてのヒトが自分の子を産み育てられたいいいんですけど、経済が成長すると子育てにお金がかかるので、社会全体で育てる仕組みになりました。つまり、経済活動を担当する人と、子を産み育てる担当ヒトが役割を分担する協働社会となっています。女王アリと働きアリみたいな社会です。だから結婚しないヒト、子どもがいない夫婦も決して無駄な存在ではありません。税を納め、経済活動をするだけで、種の保存に参加しています。

生き物は種を残すために頑張っています。だからこそ生命を安易に奪ってはいけません。人が人を殺してはいけない理由は、種の保存に背いているからです。
そして、命をいただくことについて、それが豚でも牛でも鶏でも小麦でも稲でもトマトでもキュウリでもリンゴでも蜜柑でも、感謝し、その種を絶滅させないと誓いましょう。
君のことは食べちゃうけど、君の種は残しますよ。

そう考えないと肉も野菜も食えません。嫌いなものを無理に食べさせることも、生命への冒涜です。
牛や豚は食べないのに、なぜトマトやキュウリは食べるのですか?

ところで、ヒトではないものが食物連鎖の頂点になったら、ヒトは食料になるか、愛玩生物になるか(笑)。あるいは生き延びるために隠れて繁殖するか(笑)。SFのテーマになりそう?

これなら「○○」が苦手な人でも美味しく食べられますね ←ウソ

こんな無責任な言葉はありません。グルメ番組とか料理番組とか。これならお魚が苦手でも美味しく食べられますね。海老が苦手でも大丈夫ですね。なんていうでしょ。バカ言っちゃいけません。あなたは苦手な人を舐めてんのかと問いたい。問い詰めたい。

私は海老とか甲殻類が嫌いです。臭いをかぐと吐きそう。あるいは吐く。人は嫌いなものには敏感で、少しでも嫌いな者に対しては敏感です。私はグリココメッコホタテ味は食べないし、崎陽軒のシウマイも食べません。出されたところで他人に譲ります。苦手な人が我慢して食べるより、美味しいと思う人が美味しくいただく方がいい。

逆に「○○が苦手な人にも美味しく食べられる」料理は、○○が好きな人にも美味しくないです。だって○○の特徴的な風味を奪うってことですよ。美味しいわけがない。私は鶏肉が好きですけど「鶏肉が苦手な人にも美味しく食べられる料理」を美味しく食べたことがない。かっぱえびせんは好きですけど、そこに海老がはいっている必要を感じない。あれって海老好きの人にとって海老を食べた気になりますか?

だから「○○が苦手な人でも美味しく食べられます」は表現者として失格です。無責任すぎる。オマエは苦手な人の気持ちになったことがあるのか。

ところでこの本、怖い話が好きな人でも安心してお読みいただけます。
つまりそういうことです。

古本屋で買いたい本の隣にあったので一緒に買ったんだけど、Amazonを検索したらKindleUnlimitedで読み放題だった。なんだかなー。
実話ってあるけど、事実はつまらないですね。オチもないし。

家中に充満してるオイスターシューマイの香りに泣きそうです。

カーチャンがシューマイを作ったんですよ。頑張ったでしょ。こんどの土曜で80歳なんですけど。頑張ったんですけどね。臭いの。魚介臭い。ウソだろ。ホタテ臭いから崎陽軒の焼売は食わないんですよオレは。カーチャンもそれ知ってるわけですよ。だからウチのシューマイは安心して食えるの。大好きなのオレ。でもこれ臭いの。豚肉の味がしない。

同級生が死ぬ年代になってきたな、と

中学時代の同級生の訃報。脳出血だったそうです。
僕は大田区立小池小学校を卒業して、隣の品川区荏原第五中学校に進みました。小学3年か4年の頃に品川区に引っ越したんです。友達いないんですよ。知り合いゼロ。区をまたがっちゃうとね。森君は、なかなかなじめない僕と最初に仲良くなってくれたんです。

『陽だまりの偽り』『傍聞き』

ドラマ『教場』の原作が面白かったので、長岡弘樹さんの短編集を2冊。短編なので細切れ読書に都合が良かった。日常と隣り合わせにある「ちょっとした謎」を深追いしていくと、納得の理由で種明かしされる。なるほど、長岡さんはこういう作風なんですね。こちらを先に読んでから『教場』を読むと、なるほどこれは確かに長岡弘樹ワールドです。


『RAILGRADE』体験版をやってみた


近未来の鉄道建設シム『RAILGRADE』発表。鉄道網を構築し、入植地の産業を発展させる | AUTOMATON
上の記事によると2月9日まで体験版を配信中とのこひとで、寝る前にやってみた。チュートリアルっぽい2面まで遊べた。

時間内に規定量の物資を運べば面クリというゲーム。なんだけど、鉄道の面白さは感じなかった。残念。

鉄道に関しては「レールの分岐ができない」「複線化もできない」「キホンはP2Pの路線」。1本の路線に複数の列車を置けるけど、衝突はせず、片方が透過して進路が空くまで待つという感じ。RailroadEmpire的な処理ですね。でもこれ、鉄道じゃなくてもいいんじゃない。トラックでも。あ、トラックだと交差点の処理が面倒なのかな。宇宙でスチームパンクという雰囲気が好きな人向けですね。ストーリー的な面白さが欲しい。鉄道ゲームとしてはイマイチ。かさねがさね残念。

それはそうと、車の点検で待っている間に遊ぼうと思ってニンテンドーSwitchを持って行こうと思ったら、2台あって焦った。ああそうだ1台借りていたんだった(笑)。こっちは持ち出せないんだよねぇ……。