羽根つき餃子、歓迎(ホワンヨン)に行くなら本店にすべし。

8週間に1度の通院日でした。県境越えで都内へ。帰りは多摩川を渡ってコストコ川崎店で買い物というパターンです。いつもはコストコでランチなんですけど、今回は蒲田によって「歓迎(ホワンヨン)」で昼飯。

ここのイチオシは「茄子の揚げ餃子」です。大森に住んでいた頃、ニイハオの次に行った店が歓迎の「あやめ橋店」でした。餃子の種類がたくさんあって、しかも揚げ餃子、水餃子、焼き餃子の餡がぜんぶ違うという芸の細かさに感動しました。

そして変わりメニューとして食べた茄子の挙げ餃子が大当たり。表面はパリッとして、中身は熱い肉汁たっぷり。茄子が油と汁の両方を吸って、茄子本来の甘みと合わさってもうね……。

茄子の揚げ餃子

茄子の揚げ餃子

ところがある時からあやめ橋店のメニューから茄子の揚げ餃子が消えて、頼んだら作ってくれたけどあんまり美味しくない。油ギトギト。それで10年くらい遠ざかってた。当時、一緒に感動した友人が先週行って、「久しぶりに行ったら茄子の揚げ餃子がなかった」とガッカリしてた。

でもググったら本店にはあるみたい。おりしもテレビで蒲田の餃子対決をやっていて、歓迎本店で茄子の揚げ餃子が出ているではありませんか。あるんじゃん!!

というわけでおともだちに「ボク医者の帰りで時間が読めないんですけど来て」と無理を言って蒲田集合。だって冷やし中華も食べたかったし、焼き餃子も食べたかったし。1人じゃ無理。中華は複数で行かないと。

羽根つき餃子


冷やし中華


いやあー10年ぶり? ウマかったー。通院日の定番コースに入れちゃおうかなあ。というわけで、歓迎は支店を増やしてますが、行くなら蒲田本店ですよ。JR蒲田駅東口から徒歩5分。駐車場はマルエツ蒲田店地下のタイムズが便利っす。2000円以上の買い物で1時間無料です。

店内にタレントさんの写真がたくさん。志村けんさん堺正章さんが若い。志村さんは真面目な人柄がわかります。

歓迎の焼き餃子も肉汁たっぷりで、テレビ番組によると、その秘密は切り干し大根を入れているからだそうです。肉と野菜から出るスープを切り干し大根が吸って、噛むと絞り出される。なるほどねー。そういえば麻布十番の登龍の餃子は春雨を入れてました。登龍の餃子も本店だけで、麹町の支店にはなかったな。

羽根つき餃子の元祖你好(ニーハオ)の焼き餃子はとてもスタンダードで安い。毎日食べられる感じ。歓迎はいろんな中華を食べたいときに。大森に住んでるときはほとんどニーハオだったな。大森駅前にも支店ができたし。歓迎も大森店があるけど茄子の揚げ餃子はなくて残念。

羽根つき餃子「歓迎」の公式ホームページ – 蒲田元祖羽根つき餃子、中華料理、台湾ラーメン、イタリアン、ワイン、ピザ、パスタ
蒲田名物 元祖羽根付き餃子の店 手作り餃子 通販、取寄 ニーハオ
高級中国名菜・皇麺:登龍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください