『陽だまりの偽り』『傍聞き』

ドラマ『教場』の原作が面白かったので、長岡弘樹さんの短編集を2冊。短編なので細切れ読書に都合が良かった。日常と隣り合わせにある「ちょっとした謎」を深追いしていくと、納得の理由で種明かしされる。なるほど、長岡さんはこういう作風なんですね。こちらを先に読んでから『教場』を読むと、なるほどこれは確かに長岡弘樹ワールドです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください