みかんのキモチ

午前中に鉄道ニュース週報を書いて、午後はATMに行ってコンビニで伝票系の支払い。帰宅後に文春オンラインさんの原稿を書いて夜に送る。なんとかスケジュール守ってる。あとは書籍をちょっと進めるけど、まだ送稿できるレベルじゃなかった。

AmazonからQ’ulleのCD+ブルーレイが届いた。フライングゲットだけど、観る時間ないか……。
編集部から取材出張のキップが届いた。金曜から秋田です。クマ食ってきます。
録画予約をチェックしたら、フジテレビドラマ『海月姫』の第一回の予約を忘れていた。TVerにあったので休憩して観た。鉄オタ少女がいる話なんだけど、なんか言葉の羅列でリアリティないな(笑)。

そういえば昨日、鉄道ブログのほうに
「あなたは批判精神を失ってる。ジャーナリスト失格だ。鉄道会社に忖度するのか。もうジャーナリストを名乗るのはやめたらどうか」
というコメントがあったんですけど、おれ、ジャーナリストを自称したことないんだよなあ。ジャーナリストって江川紹子さんとか立派な人のことを指しますよ。記事を書いてりゃジャーナリストだなんて思っちゃダメですよ。ジャーナリズムってのは「隠された事実を明るみに出す。それで世の中に役立つ」という崇高な仕事だとワタシは思います。隠そうとするノクターナリズムの反語として。ワタシはそんな活動をしていないので、ただのライターです。

メディアに出演するときに鉄道ジャーナリストって肩書きを付けられることはある。これはなんというか、私を起用する人が、出演の提案稟議を通したいとか、番組上、ゲストはジャーナリストって呼ばないとカッコがつかないとか、そういう理由でしてね。好きにしていいですよって言うと、ライターだったりジャーナリストだったりするんだけど。肩書きなんて道具なので。

そんなわけで、ジャーナリストではないのにジャーナリスト失格と言われても「そうだよね」としか思わないし、「ジャーナリストを名乗るな」と言われても、そのつもりは毛頭ないので(笑)。

なんといいますか、
「皮は薄いし実に歯ごたえがないし、蜜もない。オマエはリンゴらしくない。もうリンゴを名乗るのはやめたらどうか」と言われたミカンのような気分です。


今日買ったやつ。

こっちは劇場版。のんさん主演。まだ観てない。HuluかAmazonPrimeにあった気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください