鉄オタ人生始まりの地

ふと、生まれてから10年くらい住んだ場所をストリートビューで眺めた。

ショボいアパートだったけど、いまは大きな一軒家が建っている。もともと高級住宅地の一角で、アパートの大家さんは大地主だったのかな。東京都大田区東雪谷。道路を隔てた向かい側は東急電鉄の変電所。


踏切のそばに東雪谷住宅ってマンションがあった。私が住んでいた頃は三菱銀行の社員寮。「銀行アパート」って呼ばれていた。昭和の団地みたいな古い建物が盛土の上に建っていて、線路に向かって土手があった。私はそこに座って池上線の緑色の電車を眺めていた。アパートは二間続きの狭い部屋で、この土手が私の居間。図書館で借りた本もここで読んでいた。


東雪谷住宅は公務員宿舎のようで、しかも警察の家族寮だったみたい。こんな広い家を、ずいぶん安い家賃で借りられるんですねぇ。命がけの仕事だし、このくらいの役得がないと務まらないかも?


しかし東雪谷住宅は取り壊されました。ここにリニア中央新幹線の換気塔ができる予定です。

電車のウォォォンという音を聞いていた場所。50年後、その尻の下にリニアモーターカーが走るなんてねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください